本文へスキップ

宮城県 仙台市 を中心に活動する 法人設立・解散 飲食業関連許認可 会計記帳 交通事故 相続・遺言専門 を扱う行政書士 宮城中央法務事務所のホームページ

TEL. 022-762-9434

〒984-0053 宮城県仙台市若林区連坊小路89-1

相続Q&A相続でお困りでしたら当事務所にご相談ください


Q:法定相続人とは?
A:民法では、相続人になれる人の範囲を定めています。これを法定相続人といいます。①被相続人の配偶者は、常に法定相続人になります。②被相続人の子や孫(直系卑属)、父母や祖父母(直系尊属)、兄弟姉妹も法定相続人になれます。ただし、法定相続人だからといって、必ず相続できるとは限りません。血族相続人は順位が決められており、上位の血族がいるときは下位の血族は相続できません。

Q:相続について同順位にある者を過失により死に至らしめたため、懲役に処せられた者でも、相続人となることができますか?
A:
出来ません。本来相続人に該当する者でも、相続人としてふさわしくない何らかの事由がある場合には、法律上、相続権を剥奪され、相続人とならないことがあります。これを「相続欠格」といいます。 この他にも、被相続人が生前に若しくは遺言で、推定相続人のうちで相続させたくない者に対して相続権を剥奪してしまう、「廃除」という制度もあります。

Q:先日、私の祖母が亡くなりました。祖父は既に亡くなり、祖母の子供は母のみですが、母は祖母より先に亡くなっています。祖母の相続について教えてください。
A:
この場合、あなたが母に代わって祖母の相続人となります。このような相続を「代襲相続」といいます。被相続人の子が、以下の原因によって相続権を失ったときは、その者の子が代襲して相続人となります。

Q:法定相続分と異なる分割はできますか?
A:
相続人の協議による遺産分割であれば、相続分と異なる分割をすることができます。ただし、協議分割は全員一致でなければならず、多数決で押し付けることは無効です。遺言がある場合も、これと異なる分割をすることは全員の同意があれば自由です。審判による場合は、相続分に反することは裁判所といえどもできません。

Q:遺産分割の協議書の作成はどうすればいいのでしょうか?
A:
協議が全員の同意で成立すれば、協議書を作成します。協議書は必ず作成しなければならないわけではありませんが、後日の紛争を避けるために作成しておいたほうがよいでしょう。また、相続による所有権変更登記には遺産分割協議書の添付が必要ですので、この場合は必ず作成しなければなりません。協議書には決められた方式はありませんが、協議が成立したことと、その内容を明確にしなければなりません。

その他のご質問はメールかお電話で ☎0120-522-509(通話無料)

相続トップページに戻る

バナースペース

行政書士 宮城中央法務事務所

〒984-0053
宮城県仙台市若林区連坊小路89-1

TEL 022-762-9434
FAX 022-781-6552


行政書士 宮城中央法務事務所へのメールフォーム